道路冠水対策(GAIA FITS®)

浸水情報をリアルタイムでメール配信

近年多発するゲリラ豪雨により、道路のアンダーパスが冠水し、車両が水没する事故が各地で起きています。「GAIA FITS®」の浸水情報をリアルタイムでメール配信することにより迅速に通行止等の対策を講じることが可能となります。
アンダーパス等に設置する「GAIA FITS®」は、浸水検知計・雨量計等の各種センサーからから得られた情報を、通行止め表示板・回転灯・自動遮断機により通行者に対し注意喚起します。また監視カメラを併設し、監視効果を高めます。

このような課題を解決します。
  1. 1.冠水したアンダーパスに車が進入し、事故が発生した。
  2. 2.冠水した道路状況をリアルタイムに通行車両に対し注意喚起したい。
  3. 3.洪水ハザードマップ上の危険箇所の道路状況や雨量を遠隔で監視したい。

「GAIA FITS®」のサービス内容

防災情報の通知・配信

危険箇所を自動検知し、集中監視センターを介し、防災情報を通知・配信します。
緊急速報メール配信の他、管内の冠水箇所を一目で把握できる地図表示機能、監視カメラ等揃えています。

設計

綿密な事前調査・関係各社との折衝を行い、周辺環境や道路状況等に応じた、経済性・施工性を重視した最適な方法による設計を行います。

施工・施工監理

豊富な施工実績を生かし、近隣住民やドライバーに十分配慮した「安心・安全」な施工を行います。

保守サービス

システムを正常な状態に保つため機器の清掃とともに点検を実施し、信頼性の高いサービスを提供します。

「GAIA FITS®」の特長

防災情報をリアルタイムにメール配信

防災情報を自治体や地域住民の皆様にメールで通知するサービスです。

定額サービス料金

「情報配信サービス」として、定額サービス料金を設定。

高い信頼性

システム遠隔監視機能、停電時等の自動通知機能を搭載。

シンプルな構成

集中監視センターを利用したシンプルな構成。お客様のサーバー設置が不要となり、維持管理業務から解放されます。

「GAIA FITS®」のアンダーパス施工事例:無線通信モデル

監視箇所の占用条件により配管(掘削・添架)が出来ない場合に有効です。また、監視区間が長い場合、大幅なコスト低減が可能です。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム