埋設物位置・状態探査(位置・状態)

地下埋設物の探査からデータベース整備まで、一連の業務をお手伝いします。

地下埋設物の埋設位置を最適な技術により探査・測定することができます。

このような課題を解決します。
  1. 1.ライフラインなど自社の地下埋設物の正確な位置がわからない。
  2. 2.道路工事に起因した設備損傷事故を防ぎたい。
  3. 3.普段見ることのできない地下に埋設されている構造物内の状況がわからない。

埋設物位置探査

埋設物位置探査
  • 電磁誘導法により、埋設物位置を高精度かつ連続的に探査
  • 高精度な座標データを取得して、図面を自動的に作成

ケーブルエクスプローラー

受賞歴

平成21年度 土木学会 技術開発賞
『電磁誘導法を利用した地下埋設物連続探査システムの開発』

NTTインフラネット(株) 福井 豊一、福田 和弘、本藤 聡一郎

地下埋設物連続探査システムは、道路下に埋設されたライフライン設備を「連続的」かつ「高精度」に探査できるシステムである。通信ケーブルや水道管等約560kmの探査実績を有し、道路掘削工事等による損傷事故防止等を目的とした設備管理技術として活用されている。

本システムは「位相評価」と「磁界分布解析」という新たな概念を取り入れ、従来困難であった埋設物が輻輳する箇所での探査を可能とした。また、カート型受信器を走査し、埋設物の水平位置と深度を同時に連続的に測定することで、線形が変化する箇所を迅速に把握すると同時に、作業時間を従来の10分の1程度に短縮し、大幅なコスト削減と、道路規制に伴う渋滞の緩和を可能とした。

測定データはGISとの連携による効果的な設備管理を実現するとともに、地理空間情報基盤の構築につながるものとして期待されている。

【特許】
特開2005-098746
【NETIS】
登録No.KT-070013
【表彰】
H21年度 土木学会技術開発賞、H21年度 地盤工学会関西支部賞地盤技術賞

設備状態探査

  • 360度の球体パノラマ画像で、設備状況をリアルに再現
  • 見たい箇所の画像を、ズームイン・ズームアウト可能

「ジオショットFE」撮影イメージ

パンフレットダウンロード (PDF:1,624KB)


上記の探査・測定・撮影により得られた結果を地図データベースとして整備することができます。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム