MMS(Mobile Mapping System)

高速に情報収集するセンシングソリューション

MMSとは、車両に各種の計測機器を組み合わせて搭載し、地形・地物等を移動しながら計測を行い3次元データ(レーザ点群含む)を作成するものです。

このような課題を解決します。
  1. 1.交通規制を行わずに道路上の計測がしたい。
  2. 2.広範囲に及ぶ計測を短期間で実施したい。
  3. 3.現場での計測忘れをなくしたい。

「MMS」のサービス内容

交通規制を行わずに道路上の計測がしたい

道路上の計測をおこなう際は交通規制を伴う場合があるが、MMSを使えば車を走らせるだけで様々な道路情報の取得が可能

従来:オフセットなどをメジャー計測

路上での作業軽減で作業員の安全を確保

MMS:車両走行時に取得したデータから計測

  • 設定距離ごとに写真を自動撮影
  • 座標データ等は走行中、常時取得
  • 普通運転免許で運転可能

広範囲に及ぶ計測を短期間で実施したい

トータルステーションなどを用いる従来の計測に比べ、車で走りながら計測を行うため、1日の計測範囲が広い。そのため、広範囲の計測が必要な場合は安価で工期の大幅な短縮を見込むことが可能

現場での計測忘れをなくしたい

計測漏れ防止:計測忘れがなく、計測箇所の振り返り、既存の座標修正も容易

画面上の2点間をクリックすると距離が計測できる
座標データの取得が可能

弊社が提案する「MMS」の特長

  • コストパフォーマンスが良い(データ後処理を短縮ため)
  • 誤差を最小化(レーザーとカメラ画像合成の誤差を解消)
  • 弊社自ら利用者である強みをMMS改良に反映(弊社で培った設備管理ノウハウを反映)
  • MMSデータの利用ツール充実(様々なデータの抽出ツールを独自開発)
    • WebGIS環境にて快適にMMSデータをハンドリング
    • 点群を意識させない映像内で3次元計測できるオペレーション
    • 地物座標取得、ライン座標取得、面座標取得それらCAD出力等の各機能を充実
地図上に表示した走行ルート
写真から3次元測量
Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム