工事コーディネート

NTT設備と他ライフライン事業者の関係を取り持ち(コーディネート)し様々なメリットが生まれるよう調整・協議する業務です

工事コーディネート事業は、共同施工、近接施工の総称です。

  • 共同施工:NTT設備と他ライフライン設備等との共同で実施する工事(割勘効果)
  • 近接施工:NTT設備に近接する他工事に伴う管路、ケーブル等の防護に関する業務

共同施工のイメージ

各企業者が各々工事(埋設工事)を実施
各企業者間で共同で工事(埋設工事)を実施
このような課題を解決します。
  1. 1.路上工事の件数や時間を少なくしたい
  2. 2.工事の費用を抑えたい

「共同施工」の特長

より住みやすい地球環境を目指し、企業者間の工事時期調整・共同施工化を実現することによりトータルコストの削減と路上工事の縮減と残土発生量の抑制等が可能となります。

交通空間機能の確保

  • 路上工事件数の減少
  • 路上工事時間の短縮

地球環境の保護

  • 残土等工事廃棄物の削減
  • 路上工事時間短縮による騒音・振動の低減
  • 路上工事縮減によるCO2排出削減

道路行政への貢献

  • 公共工事費の削減

インフラ事業者への貢献

  • 工事費の削減
  • 事業計画に対応した設備構築

主な工事形態

共同施工を工事形態で区分すると「掘削工事」「舗装復旧」「共用管布設」「橋梁添架」等があります。

掘削工事

掘削や埋戻しを共同で施工するもの。

掘削工事の共同施工のイメージ

単独施工

共同施工

舗装復旧

舗装復旧を共同で施工するもの。

舗装復旧の共同施工のイメージ

舗装本復旧単独施工

舗装本復旧共同施工

共同管布設(推進工事)

共用の外管を構築するため、共同で推進工事等を行うもの。

推進工事の共同施工のイメージ

単独施工

共同施工

橋梁添架

共用の橋梁添架設備を構築するため、支持金物の設計、製作、設置等を共同で行うもの。

橋梁添架金物の共同施工のイメージ

単独施工

共同施工

「近接施工」の特長

設備構築工事において、近接する設備事故防止のため影響解析を行い必要に応じて計測監視及び設備の防護、補強等をご提案します。

主な業務形態

近接施工を業務形態で区分すると「設備の防護又は補強」「設備のひずみ等の計測・点検」等があります。

設備の防護又は補強

設備のひずみ等の計測・点検

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム