ごあいさつ

Greeting

社長メッセージ

当社は1999年の発足以来、NTTグループが全国に保有する通信基盤設備の維持・運用に関する業務を一元的に実施するとともに、無電柱化事業や他ライフライン企業様との共同施工等を通じて、安心・安全・快適な街づくりに貢献してまいりました。

昨今、全国の社会インフラの老朽化が進み、台風や集中豪雨などの自然災害が多発していますが、当社ではNTTグループの持つICT技術を活用して、これらの社会課題の解決に取り組んでいます。トリプルIPというGISや最新のMMSを用いたスマートな設備点検、設備管理に取り組むとともに、NTTグループの既設インフラ設備を活用して様々な電線類を低コストに地中化する工法などを開発し、防災、減災に取り組み、国土強靭化に貢献しています。

そして、発足20周年を迎えた2019年7月には、NTT持株会社グループとして新たな体制を整え、NTTコミュニケーションズの通信基盤設備・事業を承継するとともに、高精度地図制作技術を持つNTT空間情報と、地下探査や非開削推進技術を持つアイレック技建をグループ会社に迎え入れるなど、NTTインフラネットグループは事業基盤を大きく拡大しました。(NTT空間情報は2020年7月に当社に吸収合併しました)

この新たな体制のもとで、NTTインフラネットはSmart Infra事業の取り組みを始めました。社会のインフラ設備を効率的に管理し、高度に活用するためには、設備情報のデジタル化が不可欠になります。高精度の位置情報と時間情報を具備したスマートインフラプラットフォームを構築し、NTTグループのインフラ設備だけでなく、他のインフラ事業者様にもデータ流通基盤として活用していただく構想です。これにより、道路掘削工事における立会業務の一元化や共同施工の推進が図られ、インフラ事業者が抱える共通課題を解決できると考えております。さらに高精度の道路情報を活用すれば、将来的には物流改革や自動運転などの都市のスマートシティ機能にも役立てると考えています。

当社は通信基盤設備および社会インフラ設備のさまざまな課題に真摯に向き合い、NTTグループのみならず、社会インフラ全体の課題解決および新たなサービスやビジネス開拓を目指していきます。

代表取締役社長

黒田𠮷広