GEOSPACE
電子地図シリーズ空間マネジメント

GEOSPACE / Spatial Data Management

概要

電子地図、航空・衛星画像の販売のみならず、これらのコンテンツをより手軽かつ安価にご利用いただくために、クラウド環境を活用したコンテンツデリバリーサービス「GEOSPACE CDS」、これらのコンテンツやサービスに不動産登記情報を融合した、不動産・金融業界特化型サービス「GEOSPACE 地番地図」も新たに加わりました。今後は、1/1,000、1/500といったさらに高精度な土木系図面の作成・提供も視野に入れ、より幅広いお客様からのあらゆるニーズにお応えしてまいります。

このような課題を
解決します

  • 1. 設備情報、農地・森林等の管理を精度と鮮度の高い地図・航空写真で管理したい。
  • 2. 自治体等への申請書類に地図・航空写真の画像を自由に利用したい。
  • 3. 土地活用状況を調べるために住所から地番を特定し地図上で確認したい。

特長

NTTグループにおけるGISの歴史は非常に古く、1975年頃に研究所で開始した設備台帳の自動認識技術の研究に始まり、高機能CADなどの基礎技術の研究開発、2000年には膨大な投資のもと全国都市計画図の電子化および、電柱・マンホールの位置登録を行ってきました。こうした研究・開発・ビジネス化の歴史の中で常に磨かれ、クオリティを向上しつづけてきたGEOSPACEコンテンツは、NTTグループ各社の業務支援システムや法人様向けビジネス、さらには多くの自治体様にご利用いただくなど、数々の実績を重ねてまいりました。その中で培ってきたノウハウ・技術をさらに一歩進め、あらゆる情報を正確かつ美しく束ねる空間情報プラットフォームとして進化を続けています。

サービス一覧※外部サイトが開きます。

コンテンツ

クラウド配信サービス

ASPサービス

導入事例Case

GEOSPACE 電子地図シリーズを活用した導入事例をご紹介します。

GEOSPACE 電子地図シリーズに関するお問い合わせ

GEOSPACE 電子地図シリーズについて、お問い合わせ・お見積り依頼を承っております。
お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。
外部サイトが開きます。

お問い合わせ お見積り依頼