BIM/CIM流通システムSmart Infra事業

BIM/CIM handover system

概要

BIM/CIM流通システムでは、現況CIMから管理CIMまで進捗状況に応じてデータの一元管理ができます。工程に応じて、道路管理者、設計・施工会社、電線管理者等関係者間でのデータの共有およびコミュニケーションをとることが可能です。

現況CIMから管理CIMまで進捗状況に応じてCIMモデルを更新して使用できます。
現況CIMから管理CIMまで進捗状況に応じてCIMモデルを更新して使用できます。

こんなことで
お困りではございませんか?

  • 1. 無電柱化の事業は期間がかかりすぎる
  • 2. 工程が複数あり、管理が大変
  • 3. 試掘の際に手戻りが発生してしまう

活用方法

概要動画

 

YouTubeでも動画をご覧いただけます。
/ NTTInfraNet official

システムの導入や事業内容については、
お問い合わせフォームより
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

機能紹介

フロントローディング

事前調査で試掘と地下埋設探査を組み合わせることにより、高精度な現況CIMモデルの作成が可能です。また、現況CIMモデルを活用することによるフロントローディングによる設計や施工時の手戻りを抑制する効果があります。
事前調査で試掘と地下埋設探査を組み合わせることにより、高精度な現況CIMモデルの作成が可能です。また、現況CIMモデルを活用することによるフロントローディングによる設計や施工時の手戻りを抑制する効果があります。

コンカレントエンジニアリング

無電柱化事業における工程の管理が容易にでき、複数の工程の同時進行が可能となります。

維持管理の効率化

管理CIMデータを構築することで、従来の複数の図面での台帳管理が不要となり、維持管理業務に活用できることに加えて次の事業の高精度現況CIMとして使用することも可能となります。

事業内容に関する
お問い合わせ

事業内容について、お問い合わせを承っております。
お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ