立会受付WebシステムSmart Infra事業

Tachiai Web System / Smart Infrastracture

概要

工事会社は、道路掘削工事を行う際、埋設物を保有しているライフライン事業者に対し、事前に電話・FAXもしくは窓口に直接出向いての工事申請、埋設物有無の確認を行っています。また、ライフライン事業者は、工事会社からの申請を受け付けた後、埋設物の調査を行い、埋設物がある場合には現地での立会を実施しています。工事会社・ライフライン事業者ともに各社ごとの対応が必要となるため、双方で時間と手間がかかっています。
立会受付Webシステムでは、受付Webサイトを一元化することで工事会社からライフライン事業者への申請をワンストップで実施できるため、工事会社の業務負担を減らすことができます。

こんなことで
お困りではございませんか?

  • 1. 人手が足りない
  • 2. 電話やメールでの調整が面倒だ
  • 3. DX化したいけど費用も時間もない
  • 4. 紙管理をやめたい

活用方法

概要動画

 

YouTubeでも動画をご覧いただけます。
/ NTTInfraNet official

立会受付Webシステム(申請者用)
  • ※ Internet Explorer以外のブラウザでご覧ください。
  • ※ NTT東日本様、NTT西日本様、東京ガス様、西部ガス様(2022年4月より)への申請が可能です。(2022年3月28日時点)

システムトラブル・不具合のお問合せ先

ログインが出来ないなど、システムトラブル・不具合に関するお困りごとは、メールにてご相談ください。

(午前9時~午後5時30分/土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

システムの導入や事業内容については、
お問い合わせフォームより
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

機能紹介

システムによる24時間受付
/Web受付による処理のDX化

電話やFAX、対面での対応が不要となり、24時間いつでもWeb上での申請および受付が可能となります。
また、最新の地図情報を利用することも可能です。

工事申請情報の一括管理
/申請情報のリアルタイム共有

工事会社が申請すると、各インフラ事業者に一括申請されるため、申請漏れの抑止に効果的です。
また、申請された工事情報を社内でリアルタイムに共有することも可能です。

埋設物有無の自動判定(※追加オプション)

工事会社から申請された工事範囲における埋設物有無を自動で判定するため、スキルレスによる判定が可能です。また、埋設物が無い場合には工事会社に自動で返信するため、埋設物確認作業の省力化を実現しています。

導入実績

  • NTT東日本:2020年6月~
  • NTT西日本:2021年5月~
  • 東京ガス株式会社:2021年5月~
  • 西部ガス株式会社:2022年4月~

※システムの導入や事業内容については、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

事業内容に関する
お問い合わせ

事業内容について、お問い合わせを承っております。
お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ